留学にTOEFLは必須

アルファベット

留学をしたいと思っている人にTOEFLは必須になってきます。なぜなら、アメリカの大学や大学院であれば英語がネイティブの人も通う大学です。ネイティブの人さえも試験を合格して入学してくるのに、英語が分からずに授業を理解できるわけがないのです。TOEFLは世界中で使われている英語の試験で、世界基準とされています。英語力の証明としてTOEFLが使われているのです。また、TOEFLは一般的な資格試験と違って、合格不合格ではなく、点数がつきます。その大学によって必要なスコアが決まっており、それを達成しなければその大学に留学することは出来ないのです。どの程度スコアが必要かというと一般的な大学で120点満点中、おおよそ80点以上は必要になると覚えておきましょう。しかし、誰もが知っているような有名大学に留学したいというのであれば100点以上のスコアが必要です。大学毎に必要なスコアは毎年変わります。気になる大学があればその都度確認しておくようにしましょう。そしてTOEFLではパソコンを使った独自の試験を取り入れています。操作に慣れる必要もあるのでTOEFL対策は必須となるでしょう。しかし、留学をするためにはTOEFLだけでは不十分です。TOEFLは英語力の証明に過ぎず、高校時代の成績やボランティアや課外活動など総合的に判断されます。総合的に準備をしていく必要があるので、TOEFL対策は効率的に行い、他の活動にも時間を設けるようにしましょう。

Copyright© 2018 TOEFLには個別の対策が必須!TOEFLに必要な勉強とは? All Rights Reserved.