アルファベット

留学にTOEFLは必須

留学といえばTOEFLといわれています。それでは実際どのくらい出来なければいけないのでしょう。ただ英語が得意だったからという理由で甘く見てはいけません。TOEFLにはしっかりした対策が必要なのです。

詳しく見る

文字

TOEFLの勉強法

TOEFLを受験しようと決意したあなたにTOEFL対策として、どう勉強するのがいいのか紹介します。1つ目はTOEFL対策の予備校に通うということです。TOEFLの対策に特化した予備校に通いましょう。

詳しく見る

アルファベット

予備校の選びのポイント

TOEFL対策予備校に通うと決めたら、今度は予備校選びです。予備校には様々な種類があるので、自分に合った予備校を選びましょう。いくつかのポイントを押さえると自分に合った予備校を選べますよ。

詳しく見る

TOEFLって何?

English

TOEFL、TOEIC何が違うの?

英語の資格を取ろうとお考えのあなた。よく聞くものとしてTOEFLとTOEICという2種類がありますが、違いは何かご存知でしょうか。実は名前は似ていますが、中身は全く違うものなのです。初心者の方のために2つの違いを解説していきます。まず、TOEFLとTOEICでは、目指す目的が違います。TOEFLは英語が母国語でない人が英語を使って留学をするためにあります。ですから、内容はそれに必要なアカデミックなものです。TOEICの場合は日常生活やビジネスの場面で英語を活かしたい人のための試験で、実践的なコミュニケーションを図るためのものです。両者は、試験の内容にも違いがあります。TOEFLはリーディングテスト、リスニングテスト、スピーキングテスト、ライティングテストと4つに分かれ、午前午後合わせて試験を行います。それに対して、TOEICはリスニングとリーディングのテストの合計200問で120分で構成されています。自ずと試験時間もTOEFLが長くなります。更にTOEFLは一般的なテストにある紙の試験ではありません。パソコンを使って問題を解いていき、スピーキングテストではパソコンに向かって喋ります。独特の試験方法です。ですので、TOEFLは特に十分な対策が必要になります。TOEFLを受験したいとお考えで、期間が決まっている場合は一刻も早くTOEFL対策をスタートさせましょう。

Copyright© 2018 TOEFLには個別の対策が必須!TOEFLに必要な勉強とは? All Rights Reserved.